ゼナフィリン(ペニス増大サプリ)を3カ月間使用してみた体験談

ゼナフィリンを3ヶ月間使用した体験談を公開します。
僕がペニスをサイズアップさせるために3ヶ月の間ペニス増大サプリであるゼナフィリンを実際に使っていく体験記をここで公開していきます。

僕と同じように、これからペニス増大サプリを使い始めようとする時には不安や心配を感じることがあると思います。やはりペニス増大サプリは安い買い物ではないですし、少なくともこういった種類のサプリメントを飲むこと自体が初めてという方も多くはいないと思います。実際、ある程度ペニス増大サプリを色々と試してきた僕であっても、新しいペニス増大サプリを使いはじめる前には事前の調査を徹底して行います。ネット上での口コミによる評価や評判を見るのはもちろんですが、公式サイトの説明を見て、それらが合致しているのかどうかをチェックするのです。

では、僕がどうしてそんな苦労をしてまでペニス増大サプリを探しているのかというと、理由はもうお分かりですよね。小さいんです。アソコが。本格的に悩み始めたのは大学に入ってからだったでしょうか?

その頃はペニスを大きくするためにはいわゆるチン力トレーニングくらいしかなかったですよね。プロテインを推奨されたりもしていましたが、筋肉がついただけ。大学1年生の時はまだ成長期だから!という希望にすがっていたのですが、4回生になる頃にはあきらめの境地。女性との交流も増えましたし、結構遊びましたよ。でも、ほとんど1回限り。そのうちに誘っても乗ってこなくなったのは、きっと女の子の間で僕のがっかりな実態がばれたからだと思っています。そのようなトラウマ級の思い出をさらりと語れるようになったのもペニス増大サプリのおかげですね。

僕がペニス増大サプリをネット経由で知った時、最初はもちろん半信半疑でした。ただ、色々調べてみると、DHAなんかが流行りだした頃からサプリメントの生成技術が一気に進歩して、これまではコスト的には実現不可能だったような製品が作れるようになったとのことでした。ペニス増大サプリの原材料って、ほとんど昔は王侯貴族しか使えなかったようなものばっかりですからね。いずれにせよ、いくつかのペニス増大サプリを使ってみた結果、僕はペニスのサイズアップに成功することができました。

もちろん、今でも人並み以上とはひいき目に見ても言えないのですが、それでも確実に少しずつでも改善していけるという実感を持てたことは僕にとってとても貴重な経験だったのです。

僕の予想通り、ペニス増大サプリはあっという間にネット上での口コミによる評価や評判を経由して広がっていって、この3年ほどで一気に普及した感があります。ですが、それにともなってペニス増大サプリの数も種類も増加し、どれを選べば良いのか分からないという状態になりつつあるのも事実。それを解決するには、やはり事前の情報の徹底調査しかありません。そして、最終的には自分の体にフィットするかどうかを実際に飲んで確かめます。少なくとも僕は今までそうやって増大という結果を引き出してきました。

この体験記はもちろん自分の記録用なのですが、もしも同じ悩みを抱えるあなたにも何らかの参考になるのであれば、それは嬉しいことだと考えています。

僕がゼナフィリンを選んだ理由
僕がゼナフィリンを選んだのは、その実績と増大させるメカニズムが気になったからです。ゼナフィリンの実績については、元々海外で欧米を中心にかなり売れた商品だということ。それを日本人向けに設計しなおして、日本で販売しているのが今のゼナフィリンですね。公式でも「20cmオーバーに増大!」とありますが、あれは外国人が使用したケースでの結果だと思っています。日本人で20cm超えてしまうとさすがに支障が出るレベルでしょうからね。

それに加えて、ゼナフィリンではペニス周辺の対組織を強化することを重視しています。まずは海綿体組織を量的に強化し、そこへL-シトルリン効果により血液を流し込みます。それを来る返すことによってペニスの支柱靱帯を成長させ、根本から増大させるというのがゼナフィリンのサイズアップのためのメカニズムとなっています。

ゼナフィリンは、そのメカニズムのために動物系、植物系を問わず多種多様な原材料や有効成分を配合しています。L-シトルリン、L-アルギニン、亜鉛などの増大成分はもちろん、バリン、ロイシン、イソロイシンなどのBCAAや必須アミノ酸、スッポン、コブラ、サソリ、燕の巣、ウミヘビ、牡蠣、マカ、冬虫夏草、高麗人参、ムイラプアマ、カツアーバ、トンカットアリ、ヤツメウナギ、マムシ、蜂の子、サメ、ムクナ、ガラナなど、主要かつ必要と思われる成分はほとんど含まれているといっても過言ではありません。

これらゼナフィリンの実績、メカニズム、そして多様な有効成分とその組み合わせはかなり高レベルな水準にあります。これが僕がゼナフィリンを試すことを決めた理由です。

ゼナフィリンの注文から到着まで
僕がゼナフィリンを注文したのはトニーナイトというサイトからです。そこではセット販売割引と送料無料キャンペーンをやっていて他よりも安く購入することができました。いずれのサイトで購入するにしても普通のネットショッピングと変わらないので、困ることはないと思います。

注文後、3日でゼナフィリンが届きました。荷姿は無地のダンボールにはいっていて、伝票には「健康食品」と記載。この辺りはリクエストすれば対応してもらうことができますが、いずれにせよペニス増大サプリということは周囲にはばれる心配はなかったです。

シンプルな梱包を解いて、ゼナフィリンを取り出します。海外発だけあって、海外らしい?姿ですね。ゼナフィリンはカプセルと錠剤の2タイプに別れています。原材料を見ると、特に動物系と植物系を分けているようではないので、より適切な形に加工した結果がカプセルと錠剤に別れた理由だと思います。個人的にはカプセルタイプの方が好きなのですが、錠剤タイプならではのメリットがあるのかもしれません。いずれにせよ、体への吸収の良い形であることが理想ですね。

内容量はそれぞれ60錠ずつ。合計120錠なので、朝晩にそれぞれ1種類ずつ2錠飲むことにします。特に時間指定はありませんので、朝起きた時と寝る前で良さそうです。早速本日分を飲んでみましたが、一緒に飲むとカプセルと錠剤で違和感があったので、別々に飲んだ方が良いかもしれませんね。どちらも嫌な匂いや味はしなかったので、続けることに抵抗はありません。

ゼナフィリンを使用開始してから1ヶ月目
ゼナフィリンを飲み始めてすでに1ヶ月です。早いものですが、ここまでで増大結果は確認できていません。仕組み上、根本から増大させる仕組みなので、立ち上がりにも時間がかかるのでしょう。

海外発の製品ということもあり、副作用的な影響を警戒していましたが、日本向けに開発し直されたものなので、特に悪影響はなく安全に飲むことができました。

ゼナフィリンを使用開始してから2ヶ月目
2ヶ月が経ち、2箱目のゼナフィリンがなくなりました。ですが、ここまでのサイズアップ成果はまだありません。股間に感じることも特に無い感じで、これはちょっと悪い流れかも知れません。

ゼナフィリンを使用開始してから3ヶ月目
ゼナフィリン試用の最終月が終了しました。悪い予感が的中して、なんと増大結果はゼロ。0.1cm以下の結果で、計測不能でした。20cmとはいわないまでも、2cmくらいは増大して欲しかった・・・。

ゼナフィリンを3ヶ月間使用した結果まとめ

ゼナフィリンを3ヶ月間体験使用した結果
サイズ:ペニス増大効果確認できず。(+0.1cm以下)
かかった費用:40,556円

実際に使ってみた印象:
正直、自分では効果を体感することができませんでした。非常に残念な結果です。価格もペニス増大サプリの標準的なコストなので結構痛い・・・。でも、これくらいで懲りていては目指すサイズアップはできません。前向きな気持ちで次へ進もうと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


増大サプリ


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. giopower

    2018.05.22

    ジオパワー15成分と増大の関係
  2. blackpepper

    2018.05.22

    バイオペリン成分と増大の関係
  3. Zeqnall_image

    2018.05.21

    ゼクナールの口コミ
  4. VolstarBeyond_image

    2018.05.21

    ヴォルスタービヨンドの口コミ
  5. Apsorusin_image

    2018.05.21

    アプソルシンの口コミ
  6. gimulot_image

    2018.05.18

    ギムロットαの口コミ
  7. revira_image

    2018.05.17

    リヴァイラの口コミ
  8. guraival_image

    2018.05.15

    グライバルの口コミ
  9. girl180522

    2018.05.14

    オナニーでしかいけない女子とは?
  10. couple180522

    2018.05.10

    女性にモテる為のナンパテクは??

カテゴリー

アーカイブ