マックスオム(ペニス増大サプリ)を2カ月間使用してみた体験談

マックスオムを2ヶ月の間実際に使用した際の経験について公開
僕がペニス増大サプリのマックスオムを2ヶ月間使ってみた時の様子や結果について、ここで公開していこうと思います。

マックスオムの注文から到着まで
マックスオムの購入方法はペニス増大サプリの中でも特に簡単です。その方法は、マックスオムの公式ページに移動して一番下にある購入用のボタンを押すことで進めます。
そこからは普通のネットショップと同じようにカートに入った商品の購入手続きを進めていきます。そこからはショップのカートに入っている状態になりますので、流れに従って配送先情報などを入力していくことで注文完了となります。

そして、嬉しいことに現在マックスオムは初回限定特別価格が設定されていて、通常価格6,300円のものが税込みで1,980円にて購入できるようになっています。
僕の場合、ペニス増大サプリはその仕組み上、飲み始めてから効果が出始めるまでにある程度の期間が必要だと考えているので、最低でも2ヶ月は飲み続けるようにしているのです。

マックスオムは1箱が1ヶ月分になるので、2ヶ月分となると2箱。購入金額は1,980円×2+送料等の合計4,276円となりました。この金額はペニス増大サプリとしては画期的な低価格ですね。試す側としても非常にありがたい。
もしもマックスオムで効果が出せるなら、長く続けても全く問題ないレベルの値段なので、是非ともマックスオムで結果を残したいです!

注文した2日後にマックスオムが自宅に届きました。
ネットショッピングということを考慮すると、非常にスムーズでした。家にいながら希望の商品を安く手に入れることができたので、嬉しいです。

到着時のプライバシー保護に関して何も問題はありませんでした。
マックスオムの公式ページでも紹介されているのですが、プライバシー保護がしっかりと考慮されています。外箱は商品の中身が分からない「目立たないデザインの箱」が使用されており、商品名の欄は「商品MO」と記載されていました。
希望する場合も佐川急便の営業所止めも可能なので、心配な方は注文時に伝えると良いでしょう。

マックスオムのプライバシー保護で感心したのは、専用の箱を用意していることですね。
最悪のプライバシー保護体制がない商品の場合、商品名をそのまま書いて発送したり、ペニス増大が周囲にばれかねない対応のところがあります。
それ以外の大多数のペニス増大サプリはプライバシーには注意を払っていて、ほとんどが「無地のダンボール」で送られてきます。
でもマックスオムの配慮を見て、さすがだなあと感じたのは、「無地のダンボール」自体が怪しいということ。普通にネットショッピングした場合、購入会社の名前がダンボールに入っていますよね。amazonみたいに。
それが無地のダンボールだと逆に怪しい。それに商品名も未記入だと勘のいい人には「人に知られたくない商品を注文したのでは?」と思われるかもしれません。その点、マックスオムは専用の「目立たないデザインの箱」をわざわざ作成し、商品名も工夫して記入してくれています。嘘の商品名を記載してくれるペニス増大サプリもありますが、やはり細かいことでも嘘をつくのは嫌ですよね。そういった部分にも配慮しており、プライバシー保護の裏の裏までしっかり考えている。そういった部分でマックスオムには非常に感心しました。

マックスオムを受け取ってまず思ったのは、スリムだということですね。A4書籍が入っているような荷姿でした。

他のペニス増大サプリは、大きめの四角形の箱が届く場合が多いので、専用ケースでスリムなマックスオムにはこだわりを感じました。

大きな箱で届くのですが、マックスオムはスリムな箱で届きました。大体書籍くらいの厚さといえば分かり易いでしょうか。
「目立たないデザインの箱」には表に電話番号やアドレスが、裏面には会社名がシンプルに記載されています。会社名はティーエム・ロジスティクス内の「健幸生活研究社」なので、中身がマックスオムでありペニス増大サプリだと気付かれる心配はないでしょう。

箱を開封すると、マックスオム本体の他に購入明細やパンフレットなどが入っています。ペニス増大サプリでは商品だけがそのままポンと入っている場合もあるので、マックスオムのようにこういった細かい部分もしっかりしているのは好印象。

マックスオム本体は、落ち着いたデザインで高級感があります。


中身はカプセルをシート状に配列した一般的な見た目。1箱に60錠が入っており、20錠ずつアルミシートで封入されているので、劣化などについて心配する必要はなさそうです。



カプセルの見た目は茶色、大きさは普通のサイズです。とりあえず本日分2錠を飲んでみました。

外国製のペニス増大サプリではちょっと引くくらい錠剤が大きいものもあるので、このように飲みやすい形になっているのは長く続けるためにはありがたいです。カプセル形式なので、有効成分の苦みなども感じることもないのでそういったことが苦手な人にとっても安心でしょう。
僕自身も独特の匂いや刺激が少しでもあると嫌な方なので、カプセルの方が飲みやすいです。

ここまでのマックスオムは、その価格や細かい部分への配慮などが実に素晴らしいものでした。ですので非常に大きな期待を持ちつつ、これから2ヶ月間、使用して試していきたいと思います。

マックスオムを使用開始してから1ヶ月後
マックスオムを飲み始めてから1ヶ月が経ちました。
非常に大きな期待を寄せていたマックスオムなのですが、1ヶ月経過時点でのペニス増大の成果については、0.1cmという辛い結果に終わりました。
測定誤差ともいえるようなレベルですが、毎日計測しているので、例え0.1cmでも大きくなった事実は変わりません。

期待が大きかった分、がっかりした部分もありますが、効果がゼロでないことは確認できたので、引き続き2ヶ月目の使用に移ります。

なお、副作用のようなものは一切ありませんでしたので、その点では安心して続けることができます。ペニス増大サプリは身体への影響が強い有効成分が含まれている場合が多いので、合わない時は合わないので、そういった問題がでなかったことが明るい材料ともいえるでしょう。

マックスオムを使用開始してから2ヶ月後
マックスオムが到着してから2ヶ月が経ち、注文した分は全て飲み終えました。
その結果ですが、マックスオム飲用2ヶ月目のペニス増大結果は、ゼロでした。
2ヶ月間飲み続けて、期間を合計した実績は+0.1cmで終了。

1ヶ月目が終わった時点で嫌な予感はしていたのですが、それ以外の部分が良すぎたためマックスオムで成果が出せなくて非常に残念です。

マックスオムを2ヶ月間使用した結果のまとめ

マックスオムを2ヶ月間使用した結果
サイズ:0.1cmのペニス増大
かかった費用:4,276円

実際に使ってみた印象:
マックスオムの使用結果について、0.1cmという結果に終わり、ペニス増大サプリとしては物足りない結果となりました。残念ですが、この時点で一旦継続は中止です。

ただ、良かった点もいくつかありました。
何よりも、細かい部分でマックスオムは配慮が行き届いている商品であり、「長く続けたいな」と思える内容だったこと。ペニス増大の結果が良ければ、間違いなく主力として使い続けたでしょう。
次に、費用が安いこと。
2ヶ月使用して試したのですが、マックスオムでかかった必要は5千円以下です。
他のペニス増大サプリでは平均2万円位なので、いかにコストパフォーマンスが良いかが分かります。同じ金額を支払えば、0.5cm増大した結果になるはずなので。

残念ながら僕の身体には合わなかったマックスオムですが、低価格で長く続けたい場合には良い商品だと思います。もしあなたが試してみて相性が良く、増大の結果が出るようであれば、継続をおすすめできる製品だと感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


増大サプリ


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2018.03.19

    高麗ニンジンの効能とペニス増大
  2. 2018.03.19

    ロディオラの効能とペニス増大
  3. 2018.03.19

    スッポン末の効能とペニス増大
  4. 2018.03.19

    ムイラプアマの効能とペニス増大
  5. 2018.03.19

    トンカットアリの効能とペニス増大
  6. 2018.03.19

    コブラの効能とペニス増大
  7. 2018.03.19

    有機マカの効能とペニス増大
  8. 2018.03.19

    Dou(ドウ)スタンドアップという増大サプリがコンビニで売られ始めた
  9. 2018.03.19

    増大サプリ購入者の大半が2~3箱のまとめ買いをしている
  10. 2018.03.19

    増大サプリの1箱(30日分)あたりの平均相場

カテゴリー

アーカイブ